システックス
システックスはスケルトンクラブの活動を支援しています

スケルトンとは ABOUT SKELETON

スケルトンQ&A

q どのように競技は行なわれますか?
a スタートする時は、氷のコース上のボブスレー用に作られた2本の溝の片方にソリのランナーの片方を入れ、グリップを手で握って押しながら全速力で助走をつけて飛び乗ります。
滑走タイムの善し悪しは、
1.スタートダッシュ(スプリント)の速さ
2.コースのライン取り 
3.空気抵抗の少ない滑走フォーム 
で決まります。
ソリを操作するハンドルやブレーキはついていませんから、操作は重心移動やつま先での舵取りによって行ないます。そのため、わずかな操作ミスが命取りとなります。
2回ないし4回滑った合計タイムで順位を争い、タイムは100分の1秒まで計測されます。
滑走順が早いほどコースの氷の状態が荒れていないので有利となります。このため、スタート順を決めるためのシードシステムが採用されています。
q スケルトンで使うソリのつくりを教えてください。

a スケルトンのソリは、ランナー(滑走部分)とシャーシ(車体)、それからソリの両脇にあるグリップ、これだけで出来ています。ブレーキはついていません。ゴールした後、選手は手のひらをブレーキ代わりにして速度を落とします。
ソリには重量制限があり、男子は43kg、女子は35kg以下、またソリ+選手の総重量は男子115kg、女子92kgを超えてはならないとされています。ただし、選手を含めて115kgを超えるときは、ソリは男子33kg以下、女子は29kg以下とされています。
ソリの長さは80cm〜120cm、ソリの高さは8cm〜20cm、ランナー中心から反対側のランナー中心までは34cm〜38cm。そのほかにも各部の材質や形状についての細かい規定があります。
選手はコースによって、また天候に応じてソリを調整してレースに挑みます。

q 競技の時、どんな用具を身に付けますか?

a ヘルメット(ダウンヒルスキー用が多い)、身体にぴったり合うレーシングスーツ、スパイクシューズ(陸上競技用スパイクでピンの長さ7ミリ未満、本数8本未満)、グローブ、エルボーパットです。身に付けるモノは伸縮性と空気抵抗を考慮します。

q 腹ばいになった目線の高さはどれくらいですか?

a 氷上約10cmいわれています。地面にとても近いので、体感速度は実際の速度以上。非常にエキサイティングです。

q どんなコースで競技をするのですか?

a 全長は1200〜1500mほど、最大傾斜15度、標高差120m程度の氷のコースです。ここを約50秒で滑降していきます。
途中にはS字カーブやヘアピンカーブなど何種類ものカーブがあるので、コースのライン取り、微妙な体重移動でのソリ操作が勝敗を分けるといわれています。
越選手のライン取りの上手さには定評があり、「越ライン」と呼ばれています。

q 日本国内にコースはありますか?

a 1998年の長野オリンピックのときにボブスレー・リュージュ会場として造られた「長野市ボブスレー・リュージュパーク」(通称「スパイラル」)が日本で唯一の競技施設となります。ちなみに世界最南端に位置しています。
ここはアジア初の人口冷却装置を備えたコースです。自然環境に考慮(なるべく地形を活かす)して建設されたため、コース途中に二箇所の上り坂が設定されています。
スパイラルは、文部科学省のナショナルトレーニングセンターに指定されました。夏季はレールの上を滑走するプッシュスケルトンの施設を使ってトレーニングできます。

詳しくは こちらから

TOPへ
 
 
ご利用規約
Copyright(c) WHITE THUNDER SKELETON CLUB All Reserved.