システックス
システックスはスケルトンクラブの活動を支援しています

スケルトンとは ABOUT SKELETON

what is skeleton?

■スケルトンとは?

ボブスレーやリュージュと同じように氷のコースをソリで滑走する競技。
ボブスレーやリュージュは進行方向に足を向けますが、スケルトンは頭を進行方向に向けます。また、仰向けで滑るリュージュと違い、腹ばいで滑ります。
最高時速は125km以上。100分の1秒単位のタイム差が明暗を分けることがあります。
ソリの操作は、重心移動、肩や足の移動、つま先での舵取りで行ないます。
危険という理由でしばらくオリンピック種目から外されていましたが、2002年のソルトレークオリンピックで正式競技として復活しました。
ちなみに日本人で最初にスケルトンを始めたのが、越選手です。

■スケルトンの名称由来

「Skeleton」とは、「ガイコツ」「骨組み」の意です。
ソリのつくりが【ランナー】と呼ばれるステンレス製の2本の滑走部分と【シャーシ】のみ、ハンドルもブレーキも無し、という極めてシンプルな作りのためにこの名称になったと言われています。

■スケルトンの歴史
古くから、ヨーロッパや北アメリカの山間地ではソリ競技は人気のあるスポーツでした。スケルトンという競技が生まれたのは1880年代、スイスのサンモリッツといわれています。
1923年に国際ボブスレー・トボガニング連盟 (FIBT) が創設され、1926年にFIBTパリ議会にて、国際オリンピック委員会(IOC)はスケルトンのオリンピックスポーツ化へ申告。 1928年の第2回の冬季オリンピック(サンモリッツ大会)、1948年第5回の冬季オリンピック(サンモリッツ大会)では正式競技として採用されました。 その後、危険であるという理由からスケルトンはオリンピックでの正式競技ではなくなってしまいます。
しかし、1992年に20カ国がワールドカップシリーズに参加し、1994年には25カ国まで増加。 こうしたスケルトン競技人口の増加と人気の高まりに、IOCは2002年のソルトレイクシティオリンピックの競技種目として再び導入を決定。実に54年ぶりにオリンピック正式種目として復活しました。
■スケルトンの用具  〜 これがスケルトンのソリだ! 〜
スケルトンのソリ1 こちらがシャーシ正面
(手前に頭を乗せる)
1. 進行方向
2. グリップ
スケルトンのソリ2 ソリの裏側
1. 長さ80cm〜120cm
2. 幅34cm〜38cm
(ランナーの中心から反対側まで)
スケルトンのソリ3 正面から見ると…
こんな感じです
スケルトンのソリ4 ここに腹ばいになって乗ります
最大重量:43kg
(ソリと競技者を合わせて総重量は115kg未満)
スケルトンのソリ5 ソリのランナー(滑走部)
ランナー規格:16mm
材質は鋼鉄製と決められています
スケルトンのソリ6 空気抵抗を考慮した作りです
ソリの高さ8cm〜20cm
 
TOPへ
 
 
ご利用規約
Copyright(c) WHITE THUNDER SKELETON CLUB All Reserved.